英語って簡単じゃない?!~英語が苦手でも楽しむ事から始めましょう~
英語が苦手でも楽しむ事から始められるように 最初の一歩をお手伝いするサイトです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ | スポンサー広告 |
英文法解説 |江川 泰一郎
英文法解説英文法解説
江川 泰一郎
金子書房 刊
発売日 1991-06
価格:¥1,785(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送




ハイレベルな解説 2006-06-20
英文法の辞書として解説も深く本質的で良書といえるでしょう。調べてみれば納得のいく説明が必ずされていると思います。難関校を目指す方はロイヤル英文法よりこちらの方がお奨めです!





参考書の評価のまとめは「参考書塾~大学受験の攻略~」というサイトにまとめておきました。

年間の勉強プランなども解説されていますので是非足を運んでみて下さい。


さらに詳しい情報はコチラ≫






カテゴリ | |
闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する |松澤 喜好
闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する
松澤 喜好
ダイヤモンド社 刊
発売日 2006-03-10
価格:¥1,995(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送




さらに詳しい情報はコチラ≫






カテゴリ | |
英語耳ドリル 発音&リスニングは歌でマスター |松澤 喜好
英語耳ドリル 発音&リスニングは歌でマスター英語耳ドリル 発音&リスニングは歌でマスター
松澤 喜好
アスキー 刊
発売日 2005-03-24
価格:¥2,100(税込)
発送可能時期:通常2日間以内に発送



過剰な期待は禁物だがこの本しかないモノがある 2006-02-19
良いところ

・耳になじみやすい歌で何回も聞ける

・歌い方や性別が様々で練習になる(自分の好みの歌でない事の利点)

・聞き取り上の注意が簡潔かつ的確(と感じた)

・発音記号が書いてある。

・全体的に授業で実践してあるメソッドなので良くできている



他の、「これで英語が聞き取れるぞ」といった本で効果がない時にこの本を使用しました。すると、この本で発音記号になじむことができました。

発音記号が古いとの評がありますが、簡略標記でないだけですし、「ひらがな・カタカナ」のふりがなとは、雲泥の差です。

2曲目のハスキーボイスは、最初は全然聞こえませんでしたが、繰り返すと聞こえてくるモンですね。



私は、発音記号だけみられるようにしてコピーして使いましたが、他の本ではここまで聞き取れたと感じることはできませんでした。



なお、この本だけで十分とは思ってはいけません、この本はあくまでも、私のような、他の本で挫折した初学の者が使う本と思います。



それから、私の持っている版では、p48のsincere の発音記号が抜けています。使用の際にはご注意ください。




さらに詳しい情報はコチラ≫






カテゴリ | |
フォニックス“発音”トレーニングBook |ジュミック今井
フォニックス“発音”トレーニングBookフォニックス“発音”トレーニングBook
ジュミック今井
明日香出版社 刊
発売日 2005-02
価格:¥1,575(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送



とっても分かりやすい 2006-07-02
子供に英語を教えています。子供に分かりやすくフォニックスを教えるにはどうしたらよいか試行錯誤しいろんなフォニックスの本を読みましたが、 いちばん役に立ちました。例えば子音の発音は、どうしても日本人て母音を含めて発音してしまいますが(Bをブ、とゥの音を含めてしまう)、そうならないようBの発音をするにはどうしたらよいか、簡潔で分かりやすい方法が載っています。目からウロコとはまさにこういった本のことでしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫






カテゴリ | |
国際学会のための科学英語絶対リスニング―ライブ英語と基本フレーズで英語耳をつくる! |Robert F.Whittier /山本 雅 /田中 顕生
国際学会のための科学英語絶対リスニング―ライブ英語と基本フレーズで英語耳をつくる!国際学会のための科学英語絶対リスニング―ライブ英語と基本フレーズで英語耳をつくる!
Robert F.Whittier /山本 雅 /田中 顕生
羊土社 刊
発売日 2005-10
価格:¥4,830(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送



是非とも続編を! 2006-01-26
国際学会で通用する英語力を身に付けようと思い、様々な参考書を読み漁ったが、短い例文を列挙しただけの教材がほとんどで、あまり実用的ではなかった。しかし本書は、ネイティブスピーカーによる実際の講演がCDに収められており、またそのスクリプトが本文中に書かれているので、国際学会に必要なリスニング能力を養う上で非常に役に立った。ただ、リスニング能力を伸ばすためにはある程度量をこなす必要があるので、欲を言えばもう少し分量が欲しかった。今後本書と同じような内容の続編が出版されることを望む。


さらに詳しい情報はコチラ≫






カテゴリ | |




プロフィール

メル

Author:メル
英語を勉強なんて
そんな難しい事を考えずに
皆さんが簡単に楽しめるモノを
ご紹介できれば幸いです。
一緒に頑張りましょう~。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。