英語って簡単じゃない?!~英語が苦手でも楽しむ事から始めましょう~
英語が苦手でも楽しむ事から始められるように 最初の一歩をお手伝いするサイトです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ | スポンサー広告 |
竹岡広信の英作文〈原則編〉が面白いほど書ける本 |竹岡 広信
竹岡広信の英作文〈原則編〉が面白いほど書ける本竹岡広信の英作文〈原則編〉が面白いほど書ける本
竹岡 広信
中経出版 刊
発売日 2004-05
価格:¥1,365(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送




良書。 2006-03-15
英作文の導入としてこの本の右に出るものは現在ないだろう。

それほど丁寧かつ、英作初学者に対しての綿密な配慮がなされている。



まず、初めに理解して欲しい事は、入試の現状は、たいていの受験生がまともな英文を書けないということなのである。よって、入試という観点から必要とされる事は完璧には書けなくとも、しっかり筋のとおった減点されない文章を書くことである。



以下ポイントをあげる。



1、例題は全58題でそれに対応するように大切な原則も58個掲載されている。例題は応用が利く基礎となっており、初学者にはためになる表現が詰まっている。それと、模範解答は2つであり、等身大の受験生レベルでかかれている。

2、原則は、例えば「~が増えている」や「A人のうちB人」・「気にしない」などを場合に応じて使い分けられるように何個か型が掲載されている。それに、使用法の注意もかかれており配慮が良い。それに対して誤答例も設けられている。

3、解説が非常に充実している。「ゴミ」という単語一つとってもgarbage,trash,litter,wasteなどの違いがわかるように丁寧に解説されている。熟語表現などが多彩に掲載されている。

4、英作に必要な重要な型をこの本で完璧に覚える事で、基礎が完成され、模試や本番の入試でも途方にくれる事は無くなり、方針が見えて正確な表現を使うことが可能になる。

5、この本で基礎が完成されたら、「英作文のトレーニング」などでどんどん文章を書いて覚えていき、自分の英作能力を研磨していくと良い。そしてわからなかったらこの本でフィードバックして参考にしよう。

6、英作の初学者から上級者まで幅広く使える本である。参考書としては現在使いやすさの上でダントツだと思われる。



(私的意見だが、P33に生徒の質問を「くだらない」と言ってあったが、生徒自信がしっかり考えたことをくだらないなどという発言はしないほうがいい。そこはよく気をつけたほうがいい)



英作初学者はこの本一冊をまずは完璧にマスターすることを勧める。とても素晴らしい本なので、実力の養成はゆるぎないものとなるだろう。



初学者から上級者にも是非お勧めの一冊である。




さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト

カテゴリ | |




プロフィール

メル

Author:メル
英語を勉強なんて
そんな難しい事を考えずに
皆さんが簡単に楽しめるモノを
ご紹介できれば幸いです。
一緒に頑張りましょう~。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。